読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麺や 六三六(梅田/ラーメン、つけ麺)

梅田から歩くこと5分ぐらい。
ちょうど阪急梅田駅の裏側の飲食店などが密集したところに「麺や 六三六」はありました。


麺や 六三六 茶屋町店@大阪梅田

外観はコンクリート打ちっぱなしのビルみたいで、入り口にはタマネギ、ニンジンなどの野菜が置かれています。
なんだか野菜モード全開のお店のようですね。

店内に入るとまずは食券を購入します。
基本メニューは、
六三六ラーメン 690円
味噌にぼしラーメン 750円
特製つけめん 850円

その他、チャーシューや味玉などのトッピング付きのものが準備されてるようだ。
餃子やご飯物のラインナップも結構な充実度ですね。

今回は「特製つけめん」を頂いて見ることに。。

食券を渡して、両サイドあいているカウンター席に座ろうと思ったが、
「順番に詰めて座ってください!」とのこと。。。

閉店前で店内には4人ぐらい。けっこうガラガラなんだけど、みんなカウンターに詰めて座るみたいです。。

じつはコチラの六三六さんは、兵庫、大阪、名古屋などに展開するチェーン店のようですね。
チェーン店なんで座り方にもマニュアルがあるんだろうか。。まぁ、いいか。。

そして、オーダーから5分かからない位で、つけ麺が供されました。


特製つけめん

つけ麺なのに、早すぎ〜っ!

つけ汁は、まるでラーメンのような盛り付けになってて、チャーシュー、メンマ、玉子、ナルト、そして海苔の上に盛られた魚粉です。

まずは魚粉をつけ汁にかき混ぜて、つけ麺を頂いてみた。

豚骨と鶏がらベースの出汁は甘みがあり、野菜がたっぷりと使われてる感じがしますね〜。
中にはタマネギの溶ける寸前の柔らかいものが入ってますね。
魚介の感じもするけど、甘みのあるベースの豚骨と野菜の感じが強いつけ汁です。

麺は太麺ストレート。
若干ウエーブがかかっていて、むぎゅっとした弾力のあるタイプ。
つけ汁の絡みも良く、美味しく頂けるのだけど、この麺なら茹で時間5分は必ずかかりそうな太さだ。。。

チャーシューは、提供直前に炙ってあるようだ。
柔らかくけっこう大きめのチャーシューなんで、これはたのしめますね。

メンマは太めのゴリゴリ感強めのタイプ。
噛んでみるとメンマの香りが口から鼻にかけて漂っていい塩梅です。

最後は麺の上に置かれたカボスを麺にかけて頂きました。
サッパリとした感じに仕上がり、はじめの一口とは違った印象でライトにいただけます。

最後はスープ割りを頂きました。
ベースの豚骨と鶏がら、そして野菜の甘味がやわらいで、シメのスープ割りとして美味しくいただけた。

食べてみると、、野菜をふんだんに使った感じで、豚骨と野菜の甘みが強いつけ麺でした。

ただ、閉店前とはいえ、麺の茹で置きは残念だった。。
オーダー後に目の前で速攻で麺の盛り付けがなされるのは、つけ麺派には何とも悲しいものがある。

次回は絶対あつもりで頼んでみよっと。。

 

店名:麺や 六三六 茶屋町
TEL:06-6372-0636
住所:大阪府大阪市北区茶屋町4-2
最寄駅:大阪 梅田
営業時間:11:30~23:30
定休日:不定休(※要確認)