読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり人は他の者の気持ちはわからない。

◆第77回皐月賞・G1(16日・芝2000メートル、中山競馬場、良)
 3冠第1関門は3歳馬18頭によって争われ、9番人気のアルアイン(父ディープインパクト)が直線で抜け出し、コースレコードタイの1分57秒8をマークして優勝。毎日杯に続く重賞連勝で初のG1タイトルを手にした。騎乗していたデビュー9年目の松山弘平騎手(27)=栗東・フリー=はG1初勝利。2着にはミルコ・デムーロ騎手騎乗のペルシアンナイトが入って、栗東池江泰寿厩舎のワンツーとなった。3着は12番人気の武豊騎手騎乗のダンビュライトが入って、3連単は106万4360円の大波乱となった。69年ぶりの牝馬による皐月賞制覇を狙った1番人気のファンディーナ(岩田康誠騎手騎乗)は4角で先頭に並びかける強気の競馬も及ばず、7着に終わった。
 松山騎手(アルアイン=1着)「本当に信じられないです。すごいチャンスを頂いて、結果を出せてうれしい。去年はG1で2着が2度あって悔しい思いをしたので、何とか早くG1を勝ちたいと思っていたので、最高の気分です。ここまで応援してくれたファンの方々もそうですが、家族にも感謝したいですね。特に、もう今はいないんですけど、競馬が大好きだった祖父にはやっと勝てたと伝えたいです。前走(毎日杯1着)が休み明けでもしっかり走ってくれていたので、ここでもやれる手応えはあった。馬も成長していますね。乗りやすい馬なので(ダービーで)距離が延びても大丈夫だと思います。これからはG1ジョッキーとして、頑張っていきたいと思います」